トコジラミの本格駆除

トコジラミの駆除
トコジラミは南京虫とも呼ばれ近年被害の声が増えています。自宅でこのトコジラミが発生した時に自分で駆除する人もいるかもしれませんが、トコジラミは一体どれくらいの駆除を行えばいなくなるのでしょうか。駆除が十分でなかった場合トコジラミは再び数を増やしさらに被害を生むかもしれないと思うと気になるところです。
業者のトコジラミ駆除
では業者によるトコジラミ駆除はどんなものでしょうか。あるトコジラミ駆除の業者では、まず入念に生育調査をしてトコジラミが住み着いている範囲を特定します。部屋の隅、コンセントの内部まで、トコジラミは本当にどこにいるかわからない分からないのだそうです。続いてトコジラミを駆除します、薬剤、スチーム、掃除機などのあらゆる方法で徹底的にトコジラミを駆除します。
トコジラミ駆除後も徹底的に
トコジラミを駆除する業者の場合、多くはアフターケアを行います。トコジラミは卵には薬剤が効かないことや万が一にも再発生がないように、トコジラミの卵からの孵化までの期間が7日であることを踏まえて、数日から一週間のうちに様子を観察します。この時、トコジラミの再発生が確認できなくてもう一度トコジラミの駆除手順を行い、それが数回になることもありますそうです。それくらい業者のトコジラミの駆除は徹底しているそうです、近年では薬剤に体制がある害虫が発見される例もあるのでさらに気が抜けないんだとか。自分すべてできるかはともかく参考にしてみてはいかがでしょう。