トコジラミは私たちの敵

トコジラミという虫をご存知ですか?トコジラミは「南京虫」とも言われる吸血性の寄生昆虫です。

トコジラミの特徴 体長8ミリほどのカメムシの仲間です。特徴の1つは吸血性の寄生昆虫であるように人の血を吸うと言うことです。昼間は暗くて狭い場所に隠れていて、人が寝静まった時に襲ってきます。もう1つの特徴は血を吸われた後の強烈なかゆみです。敏感な人は蕁麻疹や発熱を起こす場合もあり、大変やっかいな虫です。1度噛まれるとかゆみが治まりません。1週間近くは続くと言われています。

トコジラミが発生した原因 海外からの持ち込みが原因だと言われています。2000年ごろから欧米などでトコジラミが多く繁殖し被害が拡大したため、そのトコジラミが旅行者の鞄などについて日本に上陸してしまったと言われています。また日本へ来たトコジラミはホテルや旅館などの宿泊施設にすみつき、そこからまた繁殖してさらに広がってしまったようです。

退治の方法と治し方 衣類を熱湯消毒するか、乾燥機にかけます。また痒み止めの抗ヒスタミン剤を服用したり、感染症などの被害を防ぐため痒くてもかかないようにしましょう。

トコジラミの対策方法 トコジラミは一匹でも残ったらそこからまた増えていくので全て駆除しなければなりません。とにかくこまめに掃除機をかけることが対策方法の1つです。生息場所になるベッドや畳の隙間、布団やじゅうたんなど念入りに掃除機で吸い取らなければなりません。トコジラミには市販の駆除剤が効かない「スーパートコジラミ」もいるそうです。そうなると市販の薬では効かないため、業者にお願いしトコジラミ駆除してもらうしかないでしょう。
自分でできる対策もしつつ、業者の方に依頼しトコジラミ駆除をしてもらうことがきっと解決策になります。

私たちの安心できる生活を取り戻すために早期のトコジラミ駆除を心がけましょう。