トコジラミ対策でできること

痒いだけじゃすまないトコジラミ
「蚊が飛んでいるわけでもないのに、虫刺されが多い」「赤い斑点状で、すごく痒い!」そんな時は、トコジラミの存在を疑ってみるとよいかもしれません。トコジラミは別名「南京虫」とも呼ばれます。トコジラミに有効な殺虫剤のおかげで、およそ五十年前にはその被害はほとんどなくなりました。しかし近年になって、再びトコジラミの被害が発生しているのです。その多くは「スーパーナンキンムシ」と呼ばれる、殺虫剤に耐性を持ったトコジラミなのです。血を吸われると強烈なかゆみに襲われ、血が出たり跡が残ったりすることもあります。

トコジラミの予防
駆除が難しくなりつつあるトコジラミ。できることなら、刺される前に対策を立てておきたいです。トコジラミが好む場所は暗くて狭い隙間です。ベッドや枕などの寝具の隙間、畳の継ぎ目、段ボールなどがその代表です。トコジラミの糞には吸血した血が多く含まれているため黒褐色になります。そのような糞が多く放置されている場所には、トコジラミが生息していると疑った方がいいでしょう。薬剤を使わない予防方法としては、こまめに掃除機で吸い取る方法があります。掃除機のごみパック内でもトコジラミは生きているので、捨てる際は慎重に行いましょう。中古の家具や本に潜んでいることもあるので、購入の際はその痕跡をチェックしておくべきです。トコジラミは暗い場所で活発に動くため、特に寝具などは要注意です。

駆除業者への依頼が第一
前述のとおり、トコジラミは殺虫剤への耐性を持ち始めました。そのため予防方法も限られ、市販の殺虫剤でも退治し辛いのが現状です。トコジラミを見つけたら、被害に遭ったら、迷わずトコジラミの駆除業者に依頼をするべきです。こうした害虫は再発の恐れもあるので、アフターサービスが充実した駆除業者を選ぶと施工後も安心でしょう。