衛生害虫あれこれ

衛生害虫の生息場所

衛生害虫と呼ばれる虫達は様々な場所に潜伏しています。特に多いのが布団やじゅうたんの中などの光が当たりにくい場所です。中には畳の隙間や家具の裏などに生息している場合もあります。ノミ駆除やダニ駆除といった衛生害虫対策を行っておかないと噛まれてしまい激しい痒みに悩まされる事になります。また、死骸や糞などを吸い込んでしまうとアレルギーを引き起こすので、ダニ駆除やノミ駆除といった対策は必要です。

太陽の光が苦手です

衛生害虫は太陽の光が苦手なので、暗い所に潜んでいます。布団やじゅうたんを外に干して太陽の光を当てることでダニ駆除やノミ駆除を行うことは可能ですが、光を嫌い光の届かない場所まで避難をするものもいるので、完全にノミ駆除・ダニ駆除を行えるわけではありません。また、布団やじゅうたんを外に干した時に叩くという作業は奥に眠っている糞や死骸を表に出してしまうので、あまりおすすめは出来ません。ノミ駆除やダニ駆除を徹底して行いたい場合は、專門の技術を持った業者さんに依頼するのが一番の対策と言えるでしょう。

商用施設での被害

ノミやダニが住み着いているという噂が立てば商用施設にとっては大きなダメージになりかねません。定期的にノミ駆除やダニ駆除を行うことでそういった噂を防止することができます。また、南京虫駆除を行う時には完全に作業が完了するまで、営業することが出来ないので、大きなダメージになります。作業時間を短くするためには、繁殖するまえに南京虫駆除を行うことが大切です。