湿気対策で南京虫を除去

湿気がこもるのは大敵です

ダニ、ノミ、南京虫が繁殖するには、ある程度湿気が高いのが良いとされています。床下から上がってくる湿気が、室内の湿度を上げるとダニやノミ、南京虫の数が増えてしまいます。そこでダニ駆除やノミ駆除、南京虫駆除、が必要になりますが、これらもダニ駆除、ノミ駆除、南京虫駆除が必要な状況にならなければ全く必要のないことです。
湿気がこもらなければ、室内でダニやノミ、南京虫が増えることはなくなるのですから、根本的な対策を行うには、室内を乾燥させること、ひいては室内を乾燥させることが必要になります。

湿気を取り去る方法

湿気を取り去る方法としてはいくつかあります。例えば、床下をベタ基礎として、地面からの湿気が上がってこないようにする、調湿剤を敷き詰めて、湿気を吸収するというものがありますが、既存家屋で簡単に床下の湿気を取り去るためには床下換気扇の設置が比較的手っ取り早い方法になります。
元々床下空間には、空気の流れができにくい構造になっていますが、床下換気扇により強制的に空気をかき混ぜる事で、湿気を取り去ります。

床下湿気を除去する利点

床下換気扇を設置すると、ノミ駆除やダニ駆除、南京虫の駆除が必要なくなるだけではありません。
日本家屋の多くは木造建築ですが、木材というのは湿気を嫌います。
床下換気扇を設置することでその湿気を除去し、木材が普及するのを防ぐことが出来ます。