Category 未分類

帰省するお客様を気持ちよく迎えよう

馴染み深い畳、湿気が溜まりやすいです
畳は日本で昔から使用されている床の材料です。マンションなどフローリングの床が多用されるようになった現代でもひと部屋は畳の部屋がほしい、という声も聞かれます。そのように長く日本人に親しまれてきた畳ですが、湿気が溜まりやすいという点で衛生害虫などに注意が必要です。長く使用を続けることで畳にトコジラミがたくさん住み着いてしまうことも。トコジラミは寝ている間に人に皮膚を吸血し、噛み跡は赤く腫れ強いかゆみを引き起こします。

孫がトコジラミに刺されてしまう?
夏になると日本全国で子供や孫が実家に帰省することが多いかと思われます。普段寝室として使用していない和室に布団を敷いて寝てもらうことになったとき...

More

衛生害虫の恐ろしさを紹介します

衛生害虫の恐ろしさはその繁殖力による増殖とそれに伴って起きる激しい痒みが思いあたるかと思われます。しかし、衛生害虫がもたらす被害はそれだけで終わらないのです。健康被害、という言葉をご存知でしょうか。ダニやノミが原因となって発症する病気などを指す言葉なのですが、その一つに「疥癬」(かいせん)という病気があります。原因は「ヒゼンダニ」という目に見えないほど小さなダニなのですが、このダニに人が寄生されてしまうと恐ろしいことになるのです。

恐ろしい「疥癬」「ヒゼンダニ」
まずヒゼンダニは人の皮膚に付着し、そこから人の一番外側の角質、つまり皮膚に潜り込みます。そしてそこで1カ月以上を過ごし産卵や排泄、脱皮を繰り返し、その間寄生された人は虫本体や排泄物、脱皮の殻により強いアレ...

More

トコジラミは私たちの敵

トコジラミという虫をご存知ですか?トコジラミは「南京虫」とも言われる吸血性の寄生昆虫です。

トコジラミの特徴 体長8ミリほどのカメムシの仲間です。特徴の1つは吸血性の寄生昆虫であるように人の血を吸うと言うことです。昼間は暗くて狭い場所に隠れていて、人が寝静まった時に襲ってきます。もう1つの特徴は血を吸われた後の強烈なかゆみです。敏感な人は蕁麻疹や発熱を起こす場合もあり、大変やっかいな虫です。1度噛まれるとかゆみが治まりません。1週間近くは続くと言われています。

トコジラミが発生した原因 海外からの持ち込みが原因だと言われています。2000年ごろから欧米などでトコジラミが多く繁殖し被害が拡大したため、そのトコジラミが旅行者の鞄などについて日本に上陸してしまったと言われています。また日本へ来...

More

大切なペットと自宅を守ろう 

ダニ駆除とペット
私達に癒しを与えてくれるペット。そんな家族同様のペットを飼っているお宅は夏になると、「うちの子にノミがついちゃって」とノミ駆除の声をよく聞かれると思います。その一方で「うちの子は痒がらないし、市販のノミ取りシャンプーや首輪を使っているから大丈夫」とノミ駆除に感心が薄い方も見えます。しかし、ペットに住み着くノミやマダニはとても怖い存在なのです。マダニ駆除・ノミ駆除の大切さと、その害虫の生態についてお話ししていきます。
まず、マダニとは一体どんな生き物でしょうか。よくお散歩で草むらに入ったり、山へハイキングに行ったりするとペットの顔周りやお腹に小さいホクロやイボの様に見えるダニがつく事があります。ダニと言っても何百種類もいますが、この様に目に見えるペットの皮膚につくものは主にマダニと呼びます。家の中に住む肉眼で...

More

トコジラミの生態

名前
シラミ命名されていますが、正しくはカメムシ目トコジラミ科の昆虫です。別名で、南京虫、床虫といいます。トコジラミ科の昆虫は全て吸血性を持っていますが、そのほとんどは鳥やコウモリを宿主としているので、私たちに直接的な危害はありません。ですので、主に駆除対象となってくるのは近縁種のタイワントコジラミとなってくるでしょう。
形態
駆除しているタイワントコジラミは、通常のトコジラミとほぼ似通った形態ですが、前胸の縦横比が2倍程度と少し細くなっています。不完全変態で、幼虫と成虫はほぼ同じ形をしていることも特徴です。
生態
夜行性の印象が強いかもしれませんが、大切なのは明るさで、暗...

More

トコジラミの生命力

トコジラミが増えている
トコジラミの駆除の依頼で深刻な被害を耳にすることは年々増えている。トコジラミ駆除は日本で問題になっているが、トコジラミは別名南京ムシと呼ばれ、これは正確に中国の南京を指す表現ではないが、外国から渡ってきた珍しいものという意味の南京を冠している。そんな後発的に日本で生息をはじめた存在のトコジラミ駆除がなぜこれほど問題となっているのか、その原因の大きな部分はトコジラミの強い生命力なのである。
強いトコジラミ
トコジラミ駆除の現場では、トコジラミは小さな体で人間の住むあらゆる環境に侵入すると考えられている。吸血によって栄養を得る生態から人間が体を長時間預ける布団、畳、カーペットなどは格好の餌場となり、その小ささから偶然に踏み潰されることも少ないのでどんどん数を増やしてしまう。繁殖したトコジラミは一枚の布団に数万匹が住み着...

More

急増しているトコジラミ

トコジラミに刺されると強い痒みに襲われます。日本では南京虫と呼ばれ全国でトコジラミ駆除が行われたことで数が減ったとされていました。ですが、最近再びトコジラミの被害及びトコジラミ駆除の相談が急増しています。トコジラミの駆除をして欲しいという相談件数は東京都内だけでも5年間の間に5倍以上のまでなってしまっています。まずトコジラミとは、体長が5ミリほどの大きさです。人間の血などを吸ったときには体長が1...

More

トコジラミ対策でできること

痒いだけじゃすまないトコジラミ
「蚊が飛んでいるわけでもないのに、虫刺されが多い」「赤い斑点状で、すごく痒い!」そんな時は、トコジラミの存在を疑ってみるとよいかもしれません。トコジラミは別名「南京虫」とも呼ばれます。トコジラミに有効な殺虫剤のおかげで、およそ五十年前にはその被害はほとんどなくなりました。しかし近年になって、再びトコジラミの被害が発生しているのです。その多くは「スーパーナンキンムシ」と呼ばれる、殺虫剤に耐性を持ったトコジラミなのです。血を吸われると強烈なかゆみに襲われ、血が出たり跡が残ったりすることもあります。

トコジラミの...

More

トコジラミ駆除の増加

近年増えたトコジラミ駆除
トコジラミの駆除件数は、実は最近急激に増加したものなのをご存知だろうか。トコジラミそのものは江戸時代から日本にいたものとされているが、トコジラミの駆除や被害件数は日本では2005年頃まであまりないものだった、しかしその後急にトコジラミ駆除の依頼や被害の相談が増えるようになり、当初トコジラミに刺された患者から相談を受けた医師でもその事例の少なさから診断に迷うこともあった程だという。
深刻なトコジラミの被害
トコジラミ駆除の依頼が増えた原因としては、海外からの人の行き来で持ち込まれたからではないかと考えられている。そのせいか国内の旅館やホテルでのトコジラミ駆除の件数は特に増えており、その被害も深刻なものが多い。トコジラミが繁殖し始めるとその数は急速に増えあっという間に数万匹になることも珍しくない、旅館の部屋に発生すればトコジラミ...

More

トコジラミの本格駆除

トコジラミの駆除
トコジラミは南京虫とも呼ばれ近年被害の声が増えています。自宅でこのトコジラミが発生した時に自分で駆除する人もいるかもしれませんが、トコジラミは一体どれくらいの駆除を行えばいなくなるのでしょうか。駆除が十分でなかった場合トコジラミは再び数を増やしさらに被害を生むかもしれないと思うと気になるところです。
業者のトコジラミ駆除
では業者によるトコジラミ駆除はどんなものでしょうか。あるトコジラミ駆除の業者では、まず入念に生育調査をしてトコジラミが住み着いている範囲を特定します。部屋の隅、コンセントの内部まで、トコジラミは本当にどこにいるかわからない分からないのだそうです。続いてトコジラミを駆除します、薬剤、スチーム、掃除機などのあらゆる方法で徹底的にトコジラミを駆除します。...

More