対策

害虫駆除を行う事で、一時的に害虫をいない状態にする事はできる。
専門家に依頼することで、予防薬などを利用し予防対策を行う事も可能である。
しかし、どれほどしっかりと予防薬を塗布したとしても、時間経過と共にその効果は低くなっていく。
そのため、害虫が住み着かない環境を作るという日々の対策が重要なのである。

換気

害虫は暗く湿った場所を好むため、カラッと換気がされている部屋であれば繁殖する可能性を下げる事ができる。
そこで、床下換気扇を設置する事で、床下の空気の流れを正常化し、害虫が繁殖する事を予防する事が可能である。
特に床下から侵食してくる可能性の高いシロアリ対策として効果が高い。

老朽化対策

家屋が老朽化すれば、害虫にとって住みやすい環境が生まれる事になる。
外壁や屋根の塗装が剥がれれば、雨水が家の内部に染みこむ事になり、湿気た状態となる。
この湿気が害虫の繁殖にとって非常に良い繁殖環境となる。
そのため、害虫が大繁殖してしまう前に塗装の塗り直しや換気扇の設置を行い対策を行うべきである。